インタビュー掲載(2024.2.7)

2022年5月3日火曜日

三河大石(愛知県新城市)


愛知県新城市副川大石平





地名(大石)にはなっているものの、岩石をまつった跡や、岩石にまつわる物語は特に聞かれない。なぜだろう。

里にある巨石で、なぜ「ない」ほうに転ぶのか、そのことが興味深い。


大きいだけでは、物語の成立要件にはならないのか。

それとも、私が知らないだけであるのか、あったのか。

あるのなら、なぜその情報は皆に拾われ、紹介のメインストリームに躍り出ないのか。

過去にはあったのなら、なぜ、語り継がれず断絶したのか。

地名として残ることと、押しも押されもせぬ巨石ぶりであることと考えあわせると、深い問題を含むように思われる。


0 件のコメント:

コメントを投稿

記事にコメントができます。または、本サイトのお問い合わせフォームをご利用ください。